千葉県良いとこ一度は来てみて!! 千葉公園

4月某日

千葉市内での仕事の移動中に自然豊かで素敵な公園があったので、立ち寄ってみたら穏やかな気持ちになった。

千葉公園概要

戦後の昭和21(1946)年に千葉県千葉市初の総合公園として整備することが決定され、昭和24年(1949年)から施設を整え、昭和40年頃ほぼ現在の形になった。

園内にはナイター設備のある野球場、50mプール、体育館等の運動施設や市内唯一の貸ボートがあり様々なスポーツ・レクリエーションが楽しめる。

春にはソメイヨシノなどのサクラが咲く花見の名所である。

初夏にはボタンやシャクヤク、6月下旬から7月上旬には世界最古の花「大賀ハス」が咲き、秋にはモミジやイチョウなどの紅葉・黄葉が鑑賞できる。

冬には綿打池にカモやカモメが訪れ松の雪吊りが飾られるなど、四季折々で異なる顔を魅せる幻想的な公園である。

住所:千葉市中央区弁天3-1-1他

アクセス:

  • JR千葉駅:千葉公園口又は北口から徒歩約10分
  • 千葉都市モノレール千葉公園駅:下車すぐ

開園日:常時開園(ボート、売店は月曜日定休)

入園料:無料(ボート等、一部有料施設あり)

公園のすぐ上にはモノレールが走っている。

ボートで悠々と回ることができるほど広い池

藤の花が綺麗

綺麗な景色とコーヒーで優雅な時間を満喫

遊歩道もきちんと清掃されていて歩きやすい。

全体的に樹木や花壇に手入れが行き届いていて、景観が素晴らしかった。

野球などができる広いスペースもあり大人も遊べる。

子どもたちのための遊具も多い。

最後に

JR千葉駅から約10分ほど歩くと、自然豊かで素敵な公園に出会えます。

都会の喧騒に疲れたあなたやそうでないあなたも、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

Related Post

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。