【ぶりの照り焼き】見た目と香りでご飯がススム!

料理

ぶりの照り焼き

みなさん、ごきげんようウモリユキミです。

今回の料理は、ぶりが安かったので「ぶりの照り焼き」を作りました。

使った材料

  • ぶり(1切れ)
  • ピーマン(1個)

味付け

  • しょうゆ(大さじ1)
  • 酒(大さじ1)
  • みりん(大さじ1)
  • オリゴ糖(大さじ1)
ウモリ
ウモリ

オリゴ糖は砂糖でもオッケーです。
きれいな照りを出すためにオリゴ糖を使いました。

調理

1.しょうゆ、酒、みりんを合わせた漬けだれを作り、30分ほどぶりを漬けます。

ウモリ
ウモリ

濃いめの味を両面にしっかり漬けて臭みを消します。

buri
buri
途中で1回裏返します

2.ピーマンはヘタと種をとり、縦4等分に切ります。

pi-man
pi-man
縦4等分に切ります

3.油を入れたフライパンを熱し、ぶりを入れて弱火で片面2分焼きます。
4.きれいな焼き色がついたら裏返し、ピーマンを入れてさらに2分焼きます。

ウモリ
ウモリ

焦げやすいので火加減は弱火で、ときどきぶりの位置を変えながら焼きます。

buri
2分焼きます
buri
裏面も2分焼きます
buri
ピーマンを入れます

5.漬けだれにオリゴ糖を混ぜてフライパンに入れ、ぶりとピーマンにたれをかけながら5分煮絡めます。

ウモリ
ウモリ

焦げやすいため、オリゴ糖はつけだれには入れず仕上げのたれに加えます。
焼けたぶりに絡めることによって照りがつきます。

buri
オリゴ糖を加えた漬けだれをかけます

完成

buri

ぶりの他にも、さわら、鮭、豚肉、鶏肉の照り焼きも同じ調理工程でおいしく作れます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました