渋谷ハロウィン【早朝掃除ボランティア】渋谷ごみゼロ大作戦2022に参加してきました

県外出張
ウモリユキミ
ウモリユキミ

みなさん、ごきげんよう。

ウモリユキミです。

今回は、以前から興味のあった「渋谷ハロウィン後の早朝掃除ボランティア」に行ってきました。

渋谷ハロウィン 早朝掃除ボランティア

渋谷のハロウィンと言えば、熱狂的な若者たちがニュースで取り上げられるなど、毎年大盛りあがりのイベントですよね。

経済的に大変良いことなので、大いに盛り上がってもらいたいと思っています。

ただ、祭りの後と言えば問題になるのはごみです。
私が興味をもったのは、ハロウィンで大騒ぎすることよりも、翌日、早朝から街の掃除するボランティアの方たちのほうでした。
ニュースで見るたび、実際に現地に行ってどんな感じなのか取材してみたいと思っていました。

そんな以前から興味のあった「渋谷ハロウィン後の早朝掃除ボランティア」について、今年は念願叶ってようやく参加できましたので、レポートしていきたいと思います。

因みに、ハロウィンとはそもそも何でしょうか?
恥ずかしながら、よく分かってなかったので調べてみました。
以下参考までに。

【ハロウィンとは】※Wikipediaから引用

ハロウィン(ハロウィーン)とは、毎年10月31日に行われる古代アイルランドに住んでいたケルト人が起源と考えられているお祭りである。
ケルト人の1年の終わりは10月31日で、この夜は秋の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていた。

ウモリユキミ
ウモリユキミ

ふむふむ。

日本の「お盆」と同じ概念のようですね。

死者の魂は、幽霊や妖精、悪魔などの姿をしており、家に戻ったときに機嫌を損ねないように食べ物や飲み物を用意しておくのが伝統である。
また、子どもが悪魔やお化けなどの怖い仮装をすることで、死者の魂に気づかれないようにしていた。

現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、カボチャをくりぬいて「ジャック・オー・ランタン(Jack-o’-lantern)」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

10月31日の夜、カボチャやカブをくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン」を作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリックかトリートか(Trick or treat「お菓子をくれないと悪戯するよ」又は「いたずらか、お菓子か」)」と唱える。
家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティを開いたりする。

お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよいとされている。

ウモリユキミ
ウモリユキミ

子どもたちがお菓子をおねだりするイメージはあるよね。

早朝に出発

掃除は早朝から始まるため、午前6時に渋谷駅に着くように出発しました。
夜中のうちからごみを拾っている方もいるそうです。

新聞配達員の方が頑張っている時間に出発

渋谷駅到着

渋谷駅に着いた頃には夜が明けてきました
銀座線渋谷駅

朝6時頃ですが、コスプレした人たちで賑わっており「さすが渋谷」って思いましたwww

JR渋谷駅ハチ公口
スクランブル交差点前
JR渋谷駅ハチ公口

渋谷ごみゼロ大作戦2022

「渋谷ごみゼロ大作戦2022」に参加させていただきました。

渋谷ごみゼロ大作戦2022

スタッフさんに参加したい旨を伝え、袋3枚をもらい、ありがたいことにトングも貸していただけました。
初めての参加ということも伝えると「分別」や「撤収時間」について、丁寧に教えてくれました。
ありがとうございますっ!!

ごみ拾い開始

JR渋谷駅を出発し、センター街方面に歩いて行きました。
スクランブル交差点付近は、先に参加されている方たちのおかげで、ごみはほとんどありませんでした。

センター街に入ると、盛り上がっている若者たちがまだまだ大勢いました。
この辺りからごみがちらほら落ちています。

渋谷センター街入口

やはり吸い殻が多かったですね。
他にはペットボトルや飲料缶も多かったです。
人類はいつになったらポイ捨てをやめられるのでしょうかねwww

たばこの吸い殻
ペットボトル

たばこの吸い殻をたどって歩いていると、NHKにたどり着きました。
出社する方たちの邪魔にならないよう注意しながら拾っていきます。

NHK

ごみ拾い開始から1時間30分ほどで2袋分になりました。
思ったより少なかったです。

吸い殻、缶、ペットボトル、カップ麺の容器、新聞など

渋谷ごみゼロ大作戦2022のスタッフさんから「午前8時に完全撤収なんでご注意ください」と言われていたので、それまでにJR渋谷駅に戻らないといけません。
この時間になると会社勤めの方たちもごみ拾いに参加されていました。

「SPY×FAMILY」のコスプレ多かったなぁ

宇田川交番前もごみの集積所になっていました。

午前8時過ぎの渋谷スクランブル交差点の様子
拾ってきたごみを分別する参加者たち
参加者にインタビューするマスメディアの方たち

拾ってきたごみを分別して終了です。
良い運動にもなりますね。

最後に

参加した率直な感想は「楽しかった」です。

黙々とごみを拾っているとコスプレをした若い方から「お疲れ様です。ありがとうございます。」と声をかけられたり、イケメンの外国の方からハイタッチを求められるなど、非日常の体験ができて面白かったです。

ハロウィンで騒ぐ人たちに批判的な意見もありますが、自分が若いころにも同じように騒いだ経験があるので、私は否定的することはできませんwww

2002年の日韓ワールドカップの際に新宿歌舞伎町で飲んで騒いでいたのは懐かしい思い出です。

言えるとしたら「節度をもって楽しんでください」「ポイ捨てはやめようね」ぐらいですかね。

私が若いころに騒いでいた時も、ボランティアでごみを拾ってくれたり、裏方で後始末をしてくれていた人がいたのだろうと思います。
そして、「その役目が自分にも回ってきたのかなぁ」なんて思う今日この頃です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました